熱下がっても熱中症、脱水症状気をつけて

2021年06月11日

熱中症は脱水症、

熱が下がっても、脱水症状と同じ兆候があった場合、

絶対に動物病院受診をお勧めします。

具体的な症状として

1.ボォっとしてる。

2.下痢してる。

3.吐いてる。

この3つは循環不全が起きてる兆候かもしれません。 熱が下がっても安心してはいけません。

 

熱中症→脱水→循環不全→消化器への血流低下→体温低下! *直腸温

と、

症状の進行(重症化)によって体温が低下してきた可能性もあるんです!

 

犬猫同様、ヒトにも言える事ですが、

症状の進行した脱水症状は

経口補水で脱水症状を改善できないの

静脈点滴が必要です、処置が遅れると救命率が下がります。

 

 

犬の熱中症について、暑さ対策もご紹介

 

寝ている時の呼吸数を自宅で観察する。

 

見落としがちな中毒、誤飲誤食した時の心得